MY LIFE

育児、家事、そして大好きなハンドメイド、毎日の生活のあしあとです。。。

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

恒例の進級面談 

こども |

毎年、学年末には、中学校長&担任&私&長女で面談です。
今回も行ってきました。

わりと校長先生フレンドリーで、ほめ上手。
長女が動物、犬が好きなことを話すと、自分も実は犬が好きなんだ!と。
小さい頃、大人向けの犬雑誌を買ったり、犬種をさんざん覚えたそう。

担任の先生は、相変わらずで。
高校受験に向けて、都立に合格するためには、面接で成功するテクニックがあるのだ!と、言うんだよね。
そのために、面接のノウハウを教えてくれる学校もあるから、そこに通ってみては。。。?なんて、言うんだよね。
家に帰って調べてみたら、市内にある通級の学級「コミュニケーションクラス」
先生の対応としてはありがちなんですけど、今までも、さんざん適応指導教室はどうか?とか、長女にしつこいくらいにプッシュしてくるんですよ。

ここで、長女本人が言うべきだったんですけど(反省)、私、言っちゃいました。
「都立全日制って、行くつもりないと思うんですけど。。。。。」と。

ここから、毎度のことですが、うちは高校に行くか行かないか、そこから自分で選択するんだ!
行かない選択もありなんだ!と、語ってきました。

校長先生は、今は、いろいろなタイプの高校があるし、通信制もあるし、じっくり考えればいい!ようなことをいってくれました。
それに、「話していて、あなたは、とても、感じがいいから面接なんて大丈夫だ!」とも。

担任の先生と長女は度々会って話をしているものの、担任のプッシュが強すぎるので話を合わしてしまっているところがあるらしい。
来年度も、じっくり考えないといけないな~

その後、中学1年生になる次女の学年主任と言う先生が現れて、ちょっと話をしたんですけど。
その先生が、ボクシングの具志堅さんに似ててね
絶対、生徒に「具志堅」とかって、呼ばれてそう!と、思いながら家に帰りました
スポンサーサイト
22:29 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

卒業しましたよ 

こども |

次女が、小学校を卒業しましたよ
1
校長室で、簡単な卒業式
学年の先生方がいてくれて、雑談して帰ってきました

これで、小学校終了です
いろいろなことがあったな~、悔しい思いもさんざんしたしな~
2人の子供達も、そして私も、よく頑張ったな~

実際の卒業式が行われてる間に、近所のケーキ屋さんに行って、ご褒美を購入
21:33 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

苦役列車 

 |

芥川賞受賞作品。
気になりませんでしたか~?作者は、中卒。しかも、私小説。
苦役列車苦役列車
(2011/01/26)
西村 賢太

商品詳細を見る

興味深く読みましたが、わあ~ダメダメ感、たっぷり~だな。という感想。
自己否定強いが上に、プライドが高くて、せっかくできた友達も自分から突き放すようなことになっちゃって、
「もう!しっかりせえよ~~」と、思えてしまう。

でも、すごいところもありましたよ!
学歴、関係ないよね、と、思わせられる文語調の文体に、読めない漢字、意味のわからない熟語あり、辞書を片手に読もうか?と思いましたよ。(私が、アホなだけなのか・・・)
13:45 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

青い鳥 

 |

計画停電が実施されて、シーンとした夜は、ランタンの明かりで本を読んでいます。

青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る


短編集ですが、どれも悩みや苦しみを抱え、ひとりぼっちになった中学生のお話。
そこへ、「村内先生」という吃音のある先生が、そ~っと寄り添い、大切なことを伝えていく物語。

本を読んで、涙を流すことってあまりないのですが、これは違った~~

あの時ひとりぼっちでいた子は、こんな思いをしていたのかなあ?
なんて、考えさせられる内容でした。

今の学校の先生に、読んでみてもらいたいなあ。

次女は、「とても、よかった~、いい話だよ~」と、言って私に薦めてくれました。
そして、2度も読みなおしたみたいです。
15:17 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

地震 

日々のこと |

前回の記事をアップした後に、大きな地震に遭いました。

震度5強、ゆらゆらと長~い揺れでした。
を読みながら、ちょっと昼寝でも。。。と、思い、横になろうとしたところでした。

横にいたサラも「あら、どうしたの~」という感じで、挙動不審な様子なので、とりあえずケージの中が安全・安心かと思い収納しました。
そのまま、私は、右手にケージ、左手に冷蔵庫につかまり、ひたすら揺れが治まるのを待ったのですが、長かったですね~
何一つ倒れたり、壊れたりするものがなくて、よかった~

自転車でフリースペースの帰りだった子供達も、すぐに家に帰ってきて、ほっとしました。

仕事中だっただんなさんは、電車が動かず、新宿から5時間程かけて徒歩帰宅。
大変な1日でしたが、帰れる家があることに感謝です。

どうしたもんだか、東京ではガソリン渋滞、生活用品買占めの雰囲気がすごくて、どうも異様な感じがしてなりません
みんな不安なのでしょうが、被災地の方々のことを思うと必要以上にストックするのはどうかと思ってしまいます。
今日もスーパーに買い物に行ったら、すごい人でげんなり

私達ができること、早速、募金の手続きをして、ライフラインの整った環境で住める幸せを感じて節電に励みます。
13:51 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

花粉症 

こども |

今年は、花粉症の症状がすごいです
家族の中で、私と次女が花粉症。

出かけた日には最悪なもんで、目は真っ赤、鼻水止まらず大変です。
とてもじゃないけど、学校で勉強とかやってられないと思います。
夜だって熟睡できないし。。。

あまりに大変なので、次女さん、自分で、薬の確認表を作っていました。
忘れることのないように、自分でチェックしているようです。
1

自分の体を自己管理しています。
11:03 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

4TEEN 

 |

4TEEN4TEEN
(2003/05/22)
石田 衣良

商品詳細を見る

第129回直木賞受賞作品。

私は、女子だけど、なんだか懐かしい気持ちで読み終えましたよ。
14歳の男の子達が、いろいろな出来事を重ねて、成長していく姿が、すがすがしい
重~い内容の本を読んだ後は、さらっと爽快に読める本で、心のバランスを保っています。
22:25 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。